アフターピルのアイピルは危険なのか?

アフターピルのアイピルはノルレボ錠のジェネリック薬です。
ジェネリック薬に関しては、すでに病院などで処方されているのでお馴染みですが、
有効成分や効果が同じで、先発薬よりも後に作られた後発品です。
研究開発費がかかっていない分価格が安いのが特徴です。
そんなアフターピルのアイピルに関して調べてみると「危険」といったキーワードが出てきます。
アイピルはどういった意味で危険なのでしょうか?
アイピルはノルレボと同じ有効成分なので効果や副作用は全く同じです。
なのでアイピル自体が危険であればノルレボ錠も危険ということになります。
ノルレボ錠は病院でも処方されているアフターピルで副作用はありますが、
用法・用量を守って服用していれば危険と認識されるような重篤な副作用はありません。
アイピルが危険なのは、個人輸入によって個人が安く購入できるために転売が横行していて
ツイッターなどのSNSで集客してメルカリなどで販売する例が増えています。

参考:アフターピルをメルカリで購入するのは危険!!

上記のサイトでも紹介されていますが、個人売買されているアイピルには、
偽物や粗悪品が紛れている可能性が高いのである意味危険です。
もし、アイピルを購入する場合は自分でしっかりと販売元を調べてから
本物が購入できる個人輸入サイトから購入するのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。